代表あいさつ


斎藤 忠明

レインボーパレードくまもと 

代表 斎藤 忠明

LGBT 当事者 

 

はじめまして!

レインボーパレードくまもと共同代表の斎藤忠明と申します。

市内のコンビニエンスストアで店長をしております。

セクシュアリティは「ゲイ」です。

 

今回、レインボーパレードの代表をするにあたって最も考えたことは、「レインボーパレードの開催を望む人々のために、パレードができることは何だろうか」という事でした。

 

始め、僕はパレードの目的を「世の中にインパクトを与えること」だと考えていました。

しかし、前回のパレードを思い返してみると、聞こえてきたのは「楽しかった」、「前向きな自分でいられた」、「またやって欲しい」という声。

僕の考えとみんなの気持ちの間にズレが生じていたのでした。

そのような気づきを経て、「パレードは『自信』を取り戻すきっかけになるのではないか」と思い至るようになりました。

 

僕は、LGBT当事者にとって必要なものは「自信」だと思います。

パレードがその自信を取り戻すひとつのきっかけになるとしたら、とにかく楽しく堂々と歩けるパレードが必要だと思います。

みんなが「元気に」「明るく」「楽しい」気分になれるような、そんなパレードを目指して頑張っていきます。

賛同していただける方には、どなたでも参加していただきたいです!

 

皆さまのご支援、ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 


高月 優

レインボーパレードくまもと 

代表 高月 優

 ストレート・アライ 

 

はじめまして、くまもとレインボーパレード共同代表の高月優です。

フォトグラファーとして仕事をしており、ストレートです。

 

ストレートの私が運営の立場で参加することで、LGBTやセクシャルマイノリティに関する様々なことが、少しでも身近にある課題だということを感じてもらえるのではないかと思い、微力ながら実行委員として参加しました。

 

第二回のレインボーパレードくまもとはデモ的な意味より、参加者・見に来ていただく方・パレード中にたまたま居合わせた皆さんを含めた、少しでも多くの方に楽しんでいただけるパレードにしたいと考えています。

 

今までLGBTを知らなかった方が楽しいパレードを見聞きすることによって、偏見無くLGBTを知るきっかけにしていただけたら嬉しいです。

 

パレードを一緒に歩くだけでなく、見に来ていただくだけでもかまいませんので、多くの方のご参加お待ちしています。